ぶりぶり子

8年間便秘で市販薬を服用し続けています。

私は最初の子どもを妊娠中だった29歳の時に便秘の症状を感じ、妊娠後期からは自力では排便することが困難になりました。

かかりつけの産婦人科医に相談すると、妊娠中に便秘薬を飲む人は多いし特に問題ないということから、医師の処方により酸化マグネシウムという便秘薬を服用するようになりました。

便秘に関してはそれまではなったこともなく、特に薬を服用しなくても毎日排便ができていた状態でした。

むしろ精神的なストレスなどで下痢の症状がみられることがあるくらいでした。

なので産後になれば、再び薬を飲まなくてもいいようになるだろうと思っていました。

しかしながら、出産した後も薬なしでは便秘になってしまうような状態になっていました。

最初は出産直後に服用していた鉄剤のせいだと思っていたのですが、服用が終了した後も便秘薬を飲まないと排便できなくなってしまいました。

その後は便秘で病院を受診することなく、自分で酸化マグネシウムの市販薬を見つけて服用し続けています。

時々下痢などの症状が現れるとしばらく便秘薬の服用を中止するのですが、数日間服用しなければまたひどい便秘の症状が出るようになってしまいます。

そして38歳になった現在も、毎日便秘薬を服用しないと排便ができない状態です。

二人目の子どもを妊娠した時に、医師からは便秘薬は体に吸収されないので、飲み続けても問題はないと言われました。

しかし私としては薬はどのようなものでも服用し続けるのはよくないことだと思って、一日でも早く便秘薬の服用を中止しようと思い、運動を積極的にしたり食事で野菜やイモ類を多めに食べたり水分をこまめにとるようにしましたが、何をやっても便秘は解消されずに現在に至ります。

また一時は便秘を解消するサプリメントやお茶なども服用していましたが、これらを摂取すると便意は起きるもののなぜかかえって便が固くなってしまい、便を出したくても出せない状態があったりして体調を崩して家族に迷惑をかけてしまったこともありました。

気づけばもう便秘薬を常用するようになってから8年になり、もはや手放すことができないアイテムになっています。

現在は昔よりかは服用する量が減り、便秘の症状は以前よりかはおさまっているものと思われますが、今後は無理に便秘薬を服用中止しようとは思っていません。

これからは急いで便秘を解消しようとせずに、今趣味でやっているスポーツや自宅でできる軽い筋トレをしたりして少しずつ解消することができたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です