ぶりぶり子

環境の変化で便秘になってしまう原因と対策

環境が変わると、お腹の調子が悪くなったり便秘になったりしませんか?

引っ越しや職場環境の変化、旅行や留学などが原因で便秘になることは珍しくありません。

環境が変わることはストレスにも繋がりますし、自律神経が乱れてしまう原因にもなります。

自宅で過ごしている間はちゃんと便が出るのに、旅先では出なくなってしまうという方も多いでしょう。

環境の変化で便秘になってしまう理由は、ストレス以外にも食事や生活リズムの変化などが挙げられます。

例えば旅行に行くと食事のタイミングがずれますし、いつもと違う食事を取ることが増えますよね。

排便にはある一定のリズムがあるのですが、このリズムが崩れてしまうことによって、便秘になりやすくなってしまいます。

また、環境の変化によって変わってしまうのが生活のリズム。

就寝時間や起床時間がずれることで、体のリズムが崩れやすくなってしまいます。

そして環境が変わるとストレスを感じることが多くなり、自律神経が乱れてしまうのです。

自律神経とは交感神経と副交感神経の2つから成り立っていて、便秘にならないためには2つの神経がきちんと切り替わることが大切なのです。

特に腸は寝ている間にも働く臓器ですので、睡眠をしっかり取らなければ腸の働きが悪くなってしまいます。

ストレスは交感神経を活発にしてしまうため、リラックスできない状態となり、睡眠にも影響を及ぼしてしまいます。

そのため生活環境が変わると、体のリズムが狂い便秘だけでなく様々な不調を引き起こしてしまうのです。

環境の変化による便秘を防ぐためには、生活のリズムを変えないように意識して過ごすことが大切です。

食事の時間を一定にしたり、偏った食生活にならないよう、自炊をするなど工夫をして生活しましょう。

また睡眠をしっかり取るだけでなく、良質な睡眠を取ることも便秘予防に重要です。

睡眠が浅いと脳が休まらず、内臓の働きにも支障をきたしてしまうのです。

ストレスは睡眠にも悪影響を及ぼしますので、ストレスを減らしたり、発散したりしてリラックスできる時間を作りましょう。

特に眠る数時間前の過ごし方が重要ですので、激しい運動をしたり、カフェインやアルコールを摂取したりすることはオススメしません。

照明の明るさを暗くしたり、静かな空間で読書をしたりすると副交感神経に切り替わり、質の高い睡眠を取りやすくなります。

引っ越しや転職などで便秘になってしまったら、生活リズムを整えることを意識してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です