ぶりぶり子

彼氏とのトラブルがあって便秘が酷くなってしまった

便秘がとても酷いなと感じたのは、20代後半の頃でした。

高校時代は2日おきですが、なんとかウンチが出ていました。

ところが、20歳を過ぎてから、とても便秘が酷くなり、困りました。

朝食を食べてもウンチが出ないのです。

出ても小さいコロコロとしたウンチが出てしまうんです。

硬いウンチばかりで、詰まってしまいます。

お尻の穴の内側にへばり付いちゃってる感じで、力んでも力んでも出ません。

お腹に力を入れても出ない。

この頃、付き合っていた彼氏と喧嘩ばかりで、悩んでいました。

会ってもきまづい雰囲気が流れ、疲れてしまっていたのです。

彼氏は気まぐれな人で、我侭です。

そんな彼氏のご機嫌をとるために、何かと話を合わせてあげたりと大変に苦労しました。

その疲れもあり、ウンチが4日、5日も出ない日が増えたのです。

次の日になってから、職場に行ってお腹が痛くなってしまい、お腹の奥からキリキリと痛み、トイレへと駆け込みました。

でも、会社だと思うと、どうもウンチが出ません。

会社で「あの人は会社でも平気でウンチをする人だ」と噂されるのが怖かったから、しっかりと出すことができません。

仕事にも身が入らず、その日はお弁当も食べれませんでした。

家に帰っても、夕食を食べたらオナラが出てきたからウンチが出ると思って喜んだのですが、またウンチが出ません。

便秘が更に酷くなると、お尻の穴が痒くなってきてしまいました。

座っているだけでも痒く、ジッとしていられません。

お腹は痛いし、お尻の周りは痒くて、やっぱり仕事に身が入りません。

成績も下がり、上司にも怒られてばかりでした。

良く考えれば、10代の時は運動を毎日して、しっかり3食を食べていました。

でも、20代では、仕事が不規則になり、ついついご飯もあまり食べなくなったのです。

野菜をほとんど食べることもなく、偏ったコンビニのお弁当ばかり食べていました。

それが原因で、酷い便秘になってしまったのです。

これではダメだと思い、自分でお弁当を作るようにしました。

便秘に効くという納豆や大根料理を増やしました。

特に切干大根の炒め物、納豆サラダなどにしては食べたら、効果がありました。

食べると、腸が動く感じがしました。

そして、30分後に綺麗なウンチが出たのです。

色も良く、太さも良い見事なウンチでした。

お昼はお弁当を作っては持って行き、よく噛んで食べるようにしました。

すると、夕ご飯を食べると、ウンチが出るようになったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です