ぶりぶり子

辛い便秘を改善する為には食生活が一番の近道。

私は子供も頃からそれはもうひどい便秘に悩まされてきました。

とは言っても小学生の頃は自分が便秘である自覚はありませんでした。

中学生になり友人と話している時に便秘の話になり、初めて自分が便秘であると自覚したのです。

友人達は毎日、快調だと言うではありませんか。私は1週間出ない事も普通にあったので、毎日するものだと初めて気付いたのです。

お腹は張るし具合は悪くなるしと大変だったのですが、相談するには恥ずかしい事だったので病院に行く事もなく過ごしていました。

大人になると便秘薬がある事を知り毎晩服用するようにしたところ、朝トイレにいけるという感じでした。

漢方薬を薦められたのですが、漢方薬では効かなかった為、下剤に近い薬を飲んでいました。

それでも効かない時もありました。

飲まなければ出ないし、でもずっと飲み続けるのも体に悪そうだしと思い、薬を飲みながら食生活を改善させていく事にしました。

まずは青汁を朝と夜の1日2回飲むようにしました。

野菜はもともと大好きで良く食べていたのですが、肉類が苦手で避けていました。

薬剤師さんから油ものも時には取った方が良いと言われ、お肉も食べるようにしました。

乳製品も苦手だったので牛乳を青汁に混ぜて飲むようにしました。

それと朝食はとっていなかったのですが、少し食べるようにしました。

すぐには効果は出ませんでしたが、青汁を飲むようになって2年目が経つ頃、思いきって服用を止めてみたのですが、翌朝しっかりトイレにいけました。

頑固な便秘だった為、すぐには改善されないだろうと思い2年経ってから服用を止めましたが、もしかしたらもっと早く改善されていたのかもしれません。

朝食をしっかり取る事もとても大切だという事に気付きました。

朝はいつも頭がすっきりしなかったのですが、朝食を取るようになり朝から元気でいられるようになったのです。

体は食べた物から作られていくのだと思います。子供の頃から好き嫌いが多かった私は腸も元気ではなかったのかもしれません。

無理をしても良くないので、苦手だったものは工夫して食べられるようになりました。

お肉が苦手だった私が、今では鶏肉も豚肉も大好きになりました。便秘が改善されたおかげで肌の調子も良くなりました。

何より、いつもお腹がすっきりせずに煩わしさを抱えていたのにそれが無くなって本当に良かったです。

今、便秘にお悩みの方は少し食生活を見直してバランス良く食べるようにしてみるといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です